これは趣味ではない

簡単にできておいしい御料理ヒントです。忙しいけどおいしいものを食べたいという仕事をもつ主婦や主夫、一人暮らしの学生諸氏に贈る。


すき焼き風肉じゃが
材料(2人前):
牛肉切り落とし200グラム
しらたき小一袋
タマネギ中1個
ジャガイモ大2個以上

作り方:
  1. しらたきはザルにあげて上から水を流しながらよく洗って、食べやすい大きさに切る。
  2. タマネギは半分に切ってから、それぞれクシ型に切る。
  3. 牛肉も適当な大きさになるように切る。
  4. ジャガイモの皮をむき、大きめに切る(大のサイズで4個位)
  5. 鍋に並べるときがコツ。しらたきと牛肉が直接ふれあわないよう、ジャガイモとタマネギを間に壁のようにならべる。ふれあうと肉が堅くなります。
  6. 弱火にして、すき焼き風に砂糖と醤油を加えて煮る。水は絶対加えないが、みりんか日本酒は少し加えてもよい。量は適当に様子を見ながら。多めに入れても、しらたきやタマネギから水が出るので大丈夫。火が通ってきたら、肉をはがしてばらすようにする。
解説:
出汁をとらないし、しらたきのあく取りもしないのがミソ。その代わり、肉を多く入れる。このやり方はきわめて簡単でおいしい。タンパク質がかなり入っているので、これだけで立派なお総菜。あとおひたしと漬け物などがあれば十分。ジャガイモは水で煮ると煮くずれするが、塩気が入っているとしっとり崩れずに煮ることができる。ジャガイモを入れずに作れば、牛丼にできる。ジャガイモの代わりに豆腐を入れると肉豆腐(このとき豆腐はあとで入れて5分程度煮る)。ジャガイモを食べてしまってから、次の日は豆腐をいれてさっと煮るのも一人暮らしにはいいかも。


ナス・ミート・カレー
材料(2人前):
合い挽き肉200グラム
ナス3本程度
タマネギ小1個
カレールー
ニンニク

作り方:
  1. タマネギを櫛形に細切り。
  2. ナスも適当な大きさに切る。
  3. みじん切りのニンニクを油でいためたあと、タマネギをいため、火が通ったらナスを入れていためる。さらに合い挽き肉をいれていためて、火が通ったら、水を入れて煮る。
  4. あとは、普通のカレーの作り方と同じ。

解説:
挽肉はきわめて火が早く通るので、即席でカレーを作るにはこれが一番。冷凍のグリーンピースをぱらぱらと入れるのもきれいだし、栄養的にもいいかも。ただし、ひと頃に比べ、冷凍グリーンピースをおいているスーパーは減った。


棒々鶏
材料(2人前):
トリのもも肉1枚300グラム位
お酒1/4カップ
みりん大さじ2
キュウリ1本

作り方:
  1. 適当なサイズの鍋にお酒とみりん、水を1/4〜半カップ、塩小さじ半分をいれる。
  2. トリ肉は適当にふちの脂などを落として、鍋にいれふたをして、弱火で蒸し煮にする。
  3. 全体に火が通ったら、とめる。中心まで火が通っているかどうか、わかりにくいので、火をとめてもそのままふたをしたまましばらくおいておくとよい。あら熱をとったら、冷蔵庫で冷やす。
  4. キュウリを千切りにして、上に調理したトリ肉を薄切りにして載せ、ネギの千切りをのせてたれをかける。

解説:
トリ肉は、好みで胸肉でもよい。この蒸し鶏はそのままでも実においしく、様々に応用が可能。薄切りでラーメンにのせれば、とりそばになるし、ソースを変えて違う味も楽しめる。たとえば、舐麺醤と醤油・酢を合わせ、ちょっと豆板醤、ごま油を入れて作ったソースなんていうのもいける。さらに、裂いてサラダにいれるなどもおいしい。次の中華サラダは絶品。皮をまだらむきにしたキュウリ2〜3本を1.5センチくらいの輪切りにして、すり鉢にいれて、適当にすりこぎでたたいて味がしみるように割る。塩をふって、少々おいてから水をきり、蒸しトリ(100グラムから150グラムくらい)を手で裂いて、10センチくらいのネギの小口切りと、豆板醤小さじ1(好みで加減してください)、ごま油少々であえる。
 トリ肉の調理だけ、前の晩にお皿を洗いながらやっておけば、帰宅してすぐ野菜と肉をパパッと切って、はい、できあがり。トリ肉の調理は多めにしておけば、他の料理にも使える。


ショウユ・チキン
材料(4人前):
トリ骨付き肉(水炊き用でもいいし、ウィングスティックなどもよい)600グラム位
醤油70〜80cc
みりん同量
酢大さじ3杯程度
ニンニク3片程度

作り方:
  1. 適当なサイズの鍋にニンニクに切れ目を入れてトリ肉と一緒に入れ、その他材料をすべて入れる。
  2. ひたひたになるまで水を加える。
  3. 一晩おいてから、ふたをしてとろ火でことこと煮る。20分程度。

解説:
ハワイで知り合った料理の得意なフィリピン女性フェイに教えてもらいました。みりんを加えるのは私の開発。実に簡単だがおいしい。汁はご飯にかけて食べると絶品。アドボという御料理がこれに近いようですが、アドボは煮てからいためたりすることが多いらしい。フェイは、単にShoyu Chikenと呼んでました。これとご飯とサラダがあれば十分です。サラダには、ブロッコリーやアスパラなど緑野菜をゆでて加えましょう。


初期画面に戻る